読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかそーめん公式サイト

世界にただひとつのいかそーめん公式ホームページです

ミルキィはいいぞ

今年はいろいろ書くぞ!!と思いつつも気づけば3月末。

すっかりブログの存在を忘れたまま一か月以上経ってしまいました

あれから、イカ娘が大団円の最終回を迎えたり、(最後までイカ娘らしい素晴らしい最終回だった)、ねんどろいどライブが出演者やおみやげなどここ最近のライブではむちゃくちゃ最高だったり、ミルキィホームズ劇場版がマジで非の打ち所がないほどに最高だったり。

振り返るといろいろ書くことはあったはずなんだけどうまくまとまらないままほったらかしのことがあれこれ…という感じでちゃんと思いを文章としてまとめられる人たちみんなマジすげえなって思う今日この頃な訳です。

というわけでラブライブファイナル直前だけど今日はミルキィのことを書きます。(今書いとかんと多分途中まで書いたゴチャゴチャが全部無駄になる気がする)

ミルキィはいいぞ

『劇場版ミルキィホームズ 逆襲のミルキィホームズ』。初日、舞台上映など含めて通算3回観に行ったんですけど、マジどの回何回見てもムチャクチャ最高でした。

ミルキィといえば足掛けもう6年やってるこの手の業界でも長期コンテンツな訳で、アニメ、ゲーム、はたまた中の人声優ユニットetc…とそれぞれ別次元でどれも別々な楽しさがあるんですけど、今回は一番ミルキィらしさが出てると言っても過言ではない第1期スタッフが再結集しての新作劇場版。

公開前に公開されてた冒頭5分動画の時点で隙あらばギャグ!ギャグ!とにかくギャグ!という感じでギュウギュウに詰まったミルキィイズム全開でムチャクチャ楽しかったのが、ノンストップで70分間続いてくあの感じ。何周見ても全然飽きなかったです。

監督さんのお話によれば、もともともっと長い脚本だったのをバッサバッサと削り今の構成に至ったそうで。だからのそあのスピード感だせるんだな…と納得しました。

また、それだけバッサバッサ切ってる割には、伏線も回収しつつ話の筋はちゃんと進んでるのもすごかった。

ミルキィとこころちゃんはいつもの如くひたすらボケ倒してるにもかかわらず本筋の謎や話もちゃんと解決してく、ドタバタ七転八倒しながらもちゃんと進んでくジェットコースター感が、まさにミルキィ!!!って感じでした。

七転八倒がいいぞ

今回のお話でクローズアップされてたのは『七転八倒』。作中でシャロが作中ことある毎に七転八倒と口にして、都度七転び八起きと訂正されかけます。おれが本気ですごいなって思ったのはこれが最終的に肯定の言葉になるところで。ミルキィは確かにダメダメです。今回のピンチは激しくポジティブの権化シャロですら一度は挫折してしまいます。でも、そういう時は他のメンバーが励まし合い復活する。そしてダメダメなのはミルキィだけじゃなく、怪盗帝国、ヨコハマ県警、森アーティ一味も同じで。どこも皆一度は倒れたりひどい目にあったけどもう一度それぞれの目的のために七転八倒してるわけで、そこが話の展開すごいなって思った所の一つです。
転んで立ち上がるのももちろん大切なこと。でも、何もできなくても、何も浮かばなくても立ち上がろうと七転八倒する事自体が本当に大切な事なんだって事を教えてくれたミルキィはマジ最高だなって感じでした。
パンフにはこの作品から学ぶ事は何も無いって書いてあって、俺も7割くらいはそうだと思うけど、この七転八倒主義はおれも心の片隅に留めておきたいです。

最後に

こんだけ最高な『劇場版ミルキィホームズ』ですが、公開1ヶ月が過ぎてしまった事もあり、上映館数がかなり絞られてしまってるそうです。(もったいない)
今回のミルキィ、昔から見てた人でなく、何なら今回初めて見たって人でもムチャクチャ面白いと思うんでまずは一回見ていただきたいなーて思います(誰に言ってるんだろう)

それじゃ今日はこのくらいにしときます。明日はラブライブファイナルの事を…かけたら書こうかなあ…

おしまい